プロフィール

はじめまして!数字ニガテ・計算ニガテ・ITニガテなママ起業家が数字・計算・ITを味方につけ、仕事も子育ても楽しみながら輝く日々を過ごせるようサポートしています、三人男児のママ会計士・税理士西濱あやです。

◆社名
西濱あや公認会計士事務所《中小企業庁 経営革新等認定支援機関》
◆代表者
西濱 絢(にしはまあや)《東海税理士会 桑名支部 登録番号 136609》
◆所在地
三重県桑名市
◆開業
公認会計士事務所として2014年開業
その後税理士として2017年開業
◆経歴
2006年 金沢大学工学部卒業
2007年 監査法人トーマツ(現、有限責任監査法人トーマツ)名古屋事務所入所。監査業務に従事。
2014年~公認会計士として独立するかたわら、税理士事務所にて税務業務に従事
2016年~東洋監査法人にて監査業務非常勤勤務。
2017年~税理士として独立開業登録。
2018年~ブリッジコンサルティンググループ株式会社と業務提携。IPO支援事業部・東海地域統括GM

《西濱あやとは?》
★幼少期~高校時代
共働きの両親と兄1人と私の四人家族。両親は共働きだったため、いつも兄と遊ぶ。
兄が友達のところへ遊びに行くときは、いつもついていく。
自然と周りは年上の男友達が多くなる。
スポーツが大好きで小学生時代は水泳、中高校生時代は陸上部に所属。高校時代には2回全国高校駅伝に出場。当時の三重県最高記録・最高位を樹立。
高校時代はとにかく走ってばかりであったが、高校2年の冬、全国高校駅伝も終わり、大学受験を考え始める。
当時は絶対浪人したくない!との思いがあり、高校3年時は冬の駅伝を諦め、受験に専念。そのかいあってか、なんとか大学受験を切り抜ける。

★大学時代~会計士試験勉強時代
とにかく遊ぶ!高校時代走ってばかりで遊べなかったので、とにかく遊ぶ!遊ぶ!遊ぶ!ものすごく楽しかった。
が!!遊びすぎて将来のことを何も考えておらず、就職活動をしても『撃沈( ノД`)』
仕方ないから、逃げるように一度は大学院進学を決意。
しかし、たいしてやりたくもなかったので、気持ちが乗らない…どうしようか…だんだん将来が不安になる。ただ働く母親を見て育ってきたので、働きたい気持ちだけは強かった!そこで、学生協の資格パンフレットを読みあさり、出会ったのが『公認会計士!!』『これだ!!』とピンときて、決まっていた大学院進学を取りやめ、親に頭を下げ、無職で勉強に専念することになる。
大学4年間行かせてもらい、無職で帰ってくることを許してくれた両親にはとても感謝している。両親のためにも一発で合格するしかない!と思い、持ち前の集中力を発揮し勉強した結果、運も味方して、見事一発合格を勝ち取る。

★その後
監査法人トーマツ(現、有限責任監査法人トーマツ)名古屋事務所に入所。7年間勤務。監査業務に従事。
入所して間もなくして子供を授かり、当時名古屋事務所では当時最年少ママ会計士となる!当時は20代で母親になる会計士は極めて異例であり、ママ会計士の先駆けとなる。最年少ママ会計士ということもあり、リクルートメンバーにも抜擢され、受験生の前で講演会などを実施。
子育てと監査法人での勤務を約5年間経験したが、子供が一人、二人、三人と増え、監査法人での勤務が体力的にも精神的にもきつくなり、退所を決意。
その後は、税理士事務所にて税務業務に従事するも、子育てに追われて、約2年で辞める。
税理士事務所勤務時代は、ずっと内勤と子育てで疲れ果て、着飾ることもなくなり、次第に「会計士」と名乗らないようになる。
毎日不満・愚痴ばかり言って過ごし、家族の輪もバラバラになる。人生で一番暗かった時期。希望も持てず、夜になると自然と涙がこぼれ落ちる日々。
何度もこのままでいいのかと自問自答し、1年以上悩んだ末ようやく税理士登録して、独立開業を決意。

現在は、地方ではかなり珍しい独立系女性会計士・税理士として、上場会社などの会計監査を実施するかたわら、女性起業家が『数字・計算・IT』を味方につけ、仕事も子育ても楽しみながら輝く日々を過ごせるようサポート。税金の計算をして、「はい!おしまい。」ではなく、どうやったら起業がビジネスとして成り立つのか、どうやったら仕事も子育ても楽しみながら輝く日々を過ごせるようになるのか、専門家としての目線と母親としての目線からママ起業家をサポートしています。

ママ起業家のサポート事業の一環として、ママ(女性)起業家対象のセミナー活動も全国にて実施している。

一人でも多くのママが仕事も子育ても楽しみながら、輝きながら働ける社会を作りたい、そんな日本に変えていきたいと思っています(o^―^o)