freeeを使ってみて

今日はクラウド会計freeeのお話。

私はfreeeを使い始めて丸3年。他の会計ソフトは使用していません。お客様もすべてfreeeです。freeeを利用されたくない方からのご依頼はお断りさせていただいております。

以前、会計事務所に勤務していた時は、様々な会計ソフトを使用していましたが、すべてPCインストール型の会計ソフトであり、クラウドではありませんでした。口座やクレカの連携などもせず、地道に入力していましたね。それが悪いとか良いとかという話ではありません。

なぜ、freeeを利用しているのかというと、大きな理由は申告freeeという会計事務所向けの申告書作成→電子申告できるものがあり、会計freeeと連動していることが大きいです。

また、お客様に勧める理由の一つとして、簿記を知らなくても比較的入力(登録)しやすい作りになっているという点です。簿記を熟知している、専門家からは仕訳を意識していない作りに戸惑うこともありますし、実際私も最初は戸惑いましたが、そこは慣れれば問題ありませんでした。結局のところ、仕訳を頭に浮かべながら登録していけば良いことです。

ただ、freeeを利用して3年。簿記を知らない人でも、知識がない人でも簡単登録!簡単申告書作成!とは正直思っていません。確かに作成することはできますので体裁は整ったといえます。でも、何が正しいか分からないままでは危険すぎます。青色10万円控除(貸借対照表なし)であれば、まぁまぁ……なんとかなるかもしれませんが、青色55万円控除(電子:65万円控除)では、貸借対照表が必要となりますので、何も考えずに、口座やクレカの連携をして、現金登録して、OK!とは簡単にはいきません。なんだか理解不能な貸借対照表ができると思います(資産なのにマイナス!?覚えのない見慣れない科目がある!?etc.)

freeeを利用して3年。はっきり言って便利です!でも何でもそうですが、使い方次第です。当然放置していては、未登録が山積みになって、結局やる気が起きない、同期エラーが出ているのに全く気づかず、同期漏れが発生する(それに気づかない)などよくある話です。記帳にかかる時間はすべて手入力のことを考えると大幅に短縮されたと思います。でも、イコール何もしなくてもOKではありません。やはり個人事業主・お一人経営で時間がないから、、、と経理をないがしろにするのではなく、月1回は経理と向き合う日を作っていただきたいです。そうすると、タイムリーに損益の把握もできます、税金予想もできます、申告書の作成時間の短縮もできます。

今年も残すところ約2ヶ月です。領収書の山から目を背けている人、最近freeeはじめ会計ソフトにログインしていない人は、ぜひ向き合ってもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)