まずはfreeeに申し込んでみよう♪

こんにちは!数字ニガテ・分析ニガテ・ITニガテなママ起業家が数字と仲良くなり、仕事も子育ても楽しみながら輝く毎日を過ごせるようポートをしています3人男児のママ会計士・税理士西濱あやです。

わたしのこと初めての方、あんまり知らない方はコチラをみてね!西濱あやプロフィールはココ

今年も残すところ一カ月あまり…そう考えると年内にやるべきことがまだ終わってない!と焦ってしまいそうですね。何も仕事に限った話ではなくて、年賀状の準備とかクリスマスプレゼントどうしよう!?とか大掃除する時間が。。。と考えると「あ~!!」と叫びたくなります(笑)

今日はそんな話ではなくて、そろそろ個人事業主であれば焦りだす「確定申告」をどう乗り切るかっていうおはなしです!

まだこの時期だと、領収書をとりあえず貯めているだけで、記帳やらなんやらっていうのはこれから~という人が多いですよね。会計ソフトもまだどれにするか決めていない人も多いと思います。

もし、まだ会計ソフトも決めていないのであれば、わたしはfreeeをおすすめします。

freee導入サポート詳細はコチラ

まずこれから会計ソフトを決めるのであれば、絶対クラウドをおすすめ!クラウドにはfreeeとMFクラウドとオンライン弥生がありますが、簿記の知識がない人や見た目のデザインにこだわる人は絶対freeeです!わたしとしてはfreeeはクラウドの一番手であり、機能の改善スピードが速いというところもポイントです。

ということで、まずはfreeeの30日間無料プランに申し込んでみましょう。どんな画面なのかなんとなく感じは見て取れると思います。でも、実際は無料プランでは機能が制限されていて、何がどう便利なのか?どうやって使ったらいいか分からないと思います。そこでfreeeを使うぞ!と決めているのであれば、スタンダードプランに申し込みましょう!(スタータープランではレシート月5枚しか写真撮れないなど機能制限されているのでお勧めできません)。

これで、申込は完了!これから使いこなしていくわけですが…会計ソフトってどれでもそうですがそんなに簡単ではありません(´;ω;`)ウゥゥ簿記の知識がなくてもできる、初めてでも簡単とありますが、たしかにfreeeを導入して、初期設定をして、開始残高もきちんと登録して、同期もとれるようにして、定型取引を自動化させて、、、となれば、その先はイレギュラーな取引を除き、なんとかなる!と思います。がここに到達するまでが難しいです。

日頃からいろんな会計ソフトを使っている専門家であれば、はじめてでも感覚的に「これはここかな~こんな感じでいけるか~」とか考えながらいろんなボタンを触ってみたり、ヘルプ機能をうまく使えば正直できます!

でも、はじめて会計ソフトを触る、簿記の知識がないとなるとおそらく、触って試すこと自体が恐いと思います。「これ触って壊れたらどうしよう、データが消えたらどうしよう」といった感じですね。またfreeeのヘルプ機能はとっても充実しているのですが、やはりこれも知識がある人が読まないと何を言っているか理解できないと思います。自分の都合のいいように解釈して大失敗(´;ω;`)ということもあり得ます。

はじめての場合、まず何をどうしたらいいのか?適当に触って変なことになったらどうしよう…ということでそのまま放置していまう人が多い気がしています。

でも、じゃあどうしたらいいの?誰に頼めばいいの?結局それも分からず…やっぱり放置となっては寂しいですし残念すぎるので、そういう方はぜひ、お問合せください。

freee導入サポート詳細はコチラ

お問合せはコチラ

次回は、freeeの使いかた「初期設定」のポイントなどお話していきますね♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)