いよいよ少しずつfreeeを操作していきましょう♪

こんにちは!数字ニガテ・分析ニガテ・ITニガテなママ起業家の味方3人男児のママ会計士・税理士西濱あやです。

わたしのこと初めての方、あんまり知らない方はコチラをみてね!西濱あやプロフィールはココ

前回はfreeeに申込み後にまずやるべきことは『お金の流れをまとめる』ということを書きましたね。前回のブログはこちら

freee導入サポート詳細はコチラ

そして、お金のながれをまとめることができたら、実際にfreeeを操作していくことになります!

でもまだ銀行口座登録して、同期を取って、と飛びつくのではなく、初期設定をしましょう!

初期設定には大きくわけて2つあります。

1つ目はあなたの事業所の基本情報を登録。

2つ目は開始残高の登録になります。

1つ目の基本情報の登録は、事業所名・住所・電話番号などの登録に加えて、

事業の詳細を設定することになります。

どんな項目があるかというと、

あなたの事業の業種・従業員数・不動産取得項目の使用の有無・プライベート資金勘定(事業主借・事業主貸勘定)の利用の有無消費税に関する事項・減価償却に関する事項などがあり、一つずつ登録していきます(あとから変更可)。

事業所名や住所、電話番号は自分で登録できると思いますが、

事業の詳細設定については、少し悩む項目もありそうですね。ただこれらはきちんと登録していかないと、実際に入力するときにスムーズに流れていかない可能性があります。

事業の詳細設定のひとつ、「プライベート資金」勘定の利用について、こちらは「使用する」を選択していただければOKです!

これは、事業用の支払いをプライベート用の口座・カード・現金で支払った場合に使います。

事業用とプライベート用は区別することが大原則なのですが、例外的に事業用の支払いをプライベート用から支払うこともあると思います(もちろんその反対も)。そのときに登場するのが「プライベート資金」勘定です。プライベート用の口座やカードはfreeeに登録するのではなく、あくまで例外的にプライベート用を利用した場合に一つずつ「プライベート資金」勘定を使って登録していくことになります!

と言われてもどういう意味なのかわからないという人は、税理士やfreeeヘルプ検索、freeeヘルプデスクを利用をおすすめします。

西濱あやfreee導入サポート詳細はコチラ

そして、2つ目開始残高の設定です。

こちらは事業開始時点での

・現金や預金残高
・事業用として使用する車・パソコン・建物
・開業費(開業するために支払った準備費用)

などの残高(金額)を登録していきます。

預金は通帳を見返して開業時点の残高を登録したらいいので、問題ないのですが、

事業用として車やパソコンや建物があり、今まではプライベートで利用していた場合は、これらの残高は、『買った時の金額』ではなく、開業時点の金額を計算する必要があります。

が!!この計算は簡単な計算式に当てはめてできるようなものではないので、正直専門家でないと厳しいです。

また開業費とは、開業前に開業するために支払った費用であって、一旦「開業費」という固定資産科目に計上し、償却することで経費とすることができるので、開業前のレシートも捨てずに保管しておきましょう。

開業費に関する詳細はことらのブログをお読みください。「開業前のレシート捨ててませんか?」「開業費っていつ経費になるの?」

では開始残高を登録しないとどういうことが起きるかというと、

現金も預金も車もパソコンも建物も残高がマイナスとなる可能性があります。

マイナスには絶対になり得ないものなので明らかに間違いなんですね。

正直、利益(所得)には影響しないのですが、青色特典の65万円控除を受けたいまたはいずれは受ける予定のある人は最初の段階できちんと登録する必要があります。

開始残高の登録ができていないと青色特典の65万円控除は受けたくても受けることはできません!!!

と言われてもどういう意味なのかわからないという人は、税理士やfreeeヘルプ検索、freeeヘルプデスクを利用をおすすめします。

西濱あやfreee導入サポート詳細はコチラ

ここまであくまで開業初年度または前年分の貸借対照表がない人を前提にお話ししましたが、前年分の貸借対照表がある人はその前年末の残高を登録するだけなのでとっても簡単です!

次回は、基本情報の登録も開始残高の登録も終了したということで、口座登録→同期→取引登録(自動で経理)についてお話しますね。

西濱あやfreee導入サポート詳細はコチラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)