簿記って何??~概論~

こんにちは!今日は簿記についてです。これからは不定期になると思いますが簿記について、書いていこうと思います。というのもこれまでに多くの方のfreee導入支援をさせていただいたなかで、簿記について全く知らない状態では、freeeなど会計ソフトを導入しても、その後うまく活用はできないなと感じたからです。簿記の複雑な論点は必要ないですが、基本的なことを理解することで、会計ソフトもうまく活用できるようになりますし、何より経営に役立ちます!ということで、第一弾は簿記とは?です。

おそらく多くの方が一度は耳にしたことがあると思われる『簿記』。でも『簿記』が何かといわれると意外と説明しにくいのではないでしょうか?

『簿記』とは、会社(個人事業)の儲けである『利益』や『財産』を計算する手段。利益を表す『損益計算書』や財産を表す『貸借対照表』を作成するための道すじになります。

会社(個人事業)では、日々、物を仕入れたり、売ったり、サービスを提供したりしていると思います。会社を維持していくためには、電気代を払ったり、家賃を払ったりとたくさんの活動をしていますよね?これらの活動(取引)を一つ一つ帳簿に記録(記帳)していく必要がありますね。この一つ一つの取引を記帳すること、これを『簿記』と言います。

そして、一つ一つの取引を記録しないと、会社(個人事業)の『利益』も『財産』も分かりません。儲かっている気がしているだけかもしれません。儲かってはいるが資金に余裕がないかもしれません。感覚ではうまくいきません。きちんと数値化し、経営状況・財政状態に問題がないかをタイムリーに把握するためにも簿記はとても重要となります。もちろん税金の計算上も必要です。また簿記を知っていると、日々の記帳もスムーズに進み、会計ソフトもうまく活用できますね。簿記は知っていて得することはあっても、損をすることはないと思いますよ♪

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)