2018年11月6日開催『はじめての人のための確定申告セミナー』レポート

こんにちは!数字ニガテ・分析ニガテ・ITニガテなママ起業家が数字と仲良くなり、仕事も子育ても楽しみながら輝く毎日を過ごせるようポートをしています3人男児のママ会計士・税理士西濱あやです。

さて、昨日は第一回「初めての人のための確定申告セミナー」、たくさんの方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

今回のセミナーテーマは『確定申告』ストレートのテーマということもあり、ご参加いただいた方の熱意!とても素晴らしかったです!起業したら避けては通れない道!最も苦手だけど、立ち向かわなければいけない!ずっとうやむやにしてきたけど、このセミナーをきっかけに、きちんと区切りをつけて、確定申告したい!といった想いを胸にご参加いただきました。

セミナーでは、事例に沿って、実際に収支内訳書(白色対象)と確定申告書Bを手書きで作成していきました。

なぜ手書きで作成したかというと、領収書を整理するところから、記帳集計、収支内訳書、確定申告書までのつながりを一度でもいいので知ってもらいたかったからなんです。

このつながりを知らないまま、会計ソフトに飛びつき、会計ソフト任せにすると、何もわからないまま申告書類ができてしまうという状況になります。

これ!!!実はとっても危険なんです!!入力する場所を間違えてしまった結果、全く関係ないところに数字がポン!!っと飛んでも(転記されても)、全く気づきません。その結果とんでもない数字のまま、申告書を提出していまったという話を私は何度も聞いています。要するに誤った金額の税金を支払っているまたは還付されているということですよね。

そうならないためにも、一度でもいいので手書きで作成して、つながりを理解してほしいと思います。そうすることで、今後会計ソフトを使って申告書類を作成したときに、あるはずのないところに数字が飛んできていたら、気づくことができる、自分で誤りを発見できることになります。これができるのとできないのでは大違いです!

確かに手書きで作成するのには時間も手間もかかります。一人だとおそらくやらないと思います。だから今回はあえて手書きでの作成をしていただきました!

受講生のみなさん、

・そういうことなんだ~なるほど~全然知らなかった…

・実際作成して、良かった

・確定申告のハードルが下がった!    と反応もとても良かったです!

ハードルが下がったと感じた結果、さっそくこの波に乗って開業届・青色申告承認申請書も提出しますという方もいらっしゃいました!

やはり、一度やるのとやらないのでは大きな違いだと私自身実感しています。

最初は緊張されていたみなさんも最後は達成感に満ち溢れていたように感じました!

今日のことを忘れずに、記憶が新しいうちから、領収書の整理、記帳、申告書類作成へと進んでいっていただきたいですね!

また今回セミナーを開催してみて、いただいた意見でダントツ1位は、

freeeの使い方が分からない!無料プラン申し込んでアカウントはあるけど、何から始めたらいいかわからず結局freeeを利用することなく手書きで確定申告した!

だから、freeeの使い方が知りたい!という声でした!

実はこの声、セミナー参加者以外からもいただいております。とっても便利なfreeeなんですが、最初の開始残高の設定や口座・カードと同期をとるための手続きがよく分からず、挫折している人が多いんですよね。

開始残高というのはおそらくコトバ自体知らないと思うので、大抵の人が設定せず、資産がマイナスになってしまっていたりします💦これは導入時点できちんと設定せず、後々設定しなおそうと思ってもかなり厄介なので、ここら辺のことをきちんと皆さんには知ってもらいたいですし、知ってもらう場を設ける必要があるなと感じました。

今後の私の課題ですね!頑張ります!

今回の確定申告セミナー、12月4日(火)に第二回を開催いたします!こちらは第一回終わるまでは、あまり告知しておりませんでしたが、すでに残席6名ですので、悩まれている方はお早めにお申し込みください。

日時:2018年12月4日(火) 10時~13時

場所:名古屋駅周辺セミナールーム 主催:FP市川えり 講師:西濱あや

お申込はコチラ→http://shinonome-lifeplanning.com/seminer-kakuteishinkoku/

12月開催のため、開催日直前に一気にお申し込みが集中する可能性もございますので、悩まれている方はご注意ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)