開業届を出したら確定申告は絶対に必要?

開業届=確定申告 は間違い!?

こんにちは!女性起業家の強い味方、女性会計士西濱あやです。

今年もあっという間に9月、2018年も残すところ4か月となりましたね。ということでそろそろ、あ~確定申告について考えないとな…開業届も出したし…どうしたらいいのかなと悩んでいる起業初期の方多いのではないでしょうか?

よく開業届=確定申告必要と思われている方がいらっしゃいますが、実はそれは間違い!必ずしも必要とは限らないんです。個人的にはする必要がない方も一年間の事業の成績表という観点から確定申告はしてほしいと思っていますが、する必要がない方はしなくてもペナルティは当然ありません。

では、どのような方が確定申告が必要なのでしょうか?

判定ポイント

◆事業所得だけなのか

事業所得(収入ー経費)が38万円を超えているのかまたは事業所得とその他の所得の合計が38万円を超えているのか

◆お給料もあるのか

お給料収入が2,000万円を超えるのかまたは二か所以上のところからお給料を受け取っているのか。お給料以外の所得が20万円を超えているのか

◆いくらの利益(≒所得)があるのか

お給料がない場合→所得38万円を超えているか

お給料がある場合→お給料を除く所得20万円を超えているのか

以上に該当する場合は、確定申告する必要があるんだなと思ってもらってOKです。ただ確定申告の必要はないけど確定申告した方がいい場合(税金が戻ってくる場合)もたくさんありますので、注意してくださいね。基本的に税金の還付を受けようと思うときは自分から行動(申告)する必要があります。黙っていては戻ってきませんので、どういう場合に税金が戻ってくるのか分からない方は遠慮なく聞いてくださいね✨

さて、ざっくりとはこんな感じで確定申告が必要かとうどうか判定していただけるといいのかな~と思いますが、文章では分かりにくいので、確定申告が必要かどうか判定できるチャートを作成しました!判定チャートが欲しいかたは、LINE@への登録お願いします(^▽^)/

LINE@では知って得する、知らないと損するマネー情報配信。3つのLINE@登録特典用意しています✨

①確定申告判定チャート②必見!勘定科目の考え方③よく使う勘定科目一覧表

LINE@登録は↓↓↓
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)